平仮名一文字ハンコ 開明篆刻消しゴム

二名分 彫ってみた

この素材は他の消しゴムハンコとして市販されている物より固さを感じる

平仮名のやわらかさを出すには毛筆のひらがなの線質や書きぶりも知っていなければと思います

清書 (東京ペン字教育会)

いつもの日本ペン習字研究会の清書、写真に撮らずに送ってしまいました

環境やら生活やら変わってしまい、何か気持ちがまだ浮わついたところがあるのでしょうか…何事も慎重に焦らず、腐らず、怠らず…ですね

東京ペンの清書を書いてみました

(二冊購読しています)

いつも、つけペンで書いていて、課題によってペン先を変えています

でも、気分で変えることもあります

今回もそれ…暑中見舞の課題は字が小さいのでもう少し細く出るペン先にするつもりでしたが

若干、ペン先を使い古した弾力があって筆圧のかけ易い物に変更しました

また、参考お手本とは一部、連綿(二文字以上続けて書く字)や字体を変えているものがあります

これからも自分の時間を持ち、好きなことを続けていきます

平仮名一文字印~ 開明篆刻消しゴムで彫る

印縁は印だと印刀で叩いたり削ったりして雅味を出すのだけれど消しゴム素材の場合、私は紙ペーパーを使ってます

字をかな字典から拾う場合もありますが、この場合、フリーハンドで字を書いたものをトレーシングペーパーで転写、デザインカッター(アートナイフ)で彫りました

転居して色々お世話になっている方々に御挨拶のしるしに差し上げようと思ってます

まだまだ、落ち着かない日々ですが、ひとつずつ、一歩ずつです